tori kudo

Back to the list

浜風文庫2023.8

8.7

秋の音連れ

Jul 28  

いきつめて
待つかなかなの都合
かな
 

Aug 1  汀

https://torikudo.com/archive/%e6%b1%80/

https://twitter.com/yyyuko1002/status/1534374876714258432?s=20
 

Aug 2 

近所のゴミ屋敷の子が家に入りたくなくて外で寝ている。僕の部屋は猫アレルギーだからだめだそうだ。しょうがなく鷹子に連れて行って置いてきた。問題は父権が絡み複雑すぎて明日以降どうなるというものでもないがとりあえず今日は休め。
 

Aug 3 

熱中症時代の楠元君のバイク音が聞こえて知る4時
私たちの起きている時間は短い
寝ている短い無時間はビッグモーターでメンテしているから永遠と言ってもいい
短い無時間と長い無時間があって、そこでは輪も矢も敵もない
TOHOシネマズで六千万入った紙袋を落としたが恋は使い物にならなかった

このように近い虹は初めてであるかもしれなかった

 

Aug 4 田川

朝ガラガラとかなかなを聴きに行く音を聞き乍ら、慎一さんは今日も美代子さんのことを書いておられるのだろうか、と思った。勿論小説だから毎朝名前を変えるのだけれども。10年で底をつくかのように今から野垂れて。

きみに必要なのは音楽ではない

 

Aug 5 加西

秋は色々な誘いを断りながら黒ラベルが不味い
かなかなの途切れて今朝の終わり 哉
セラドンの地衣類這わせて墓石 哉

休田の多くはなくて草の丈は低く池には太陽光パネルが浮かんでいる
合理的に見えるが少し酸素不足であり燕は戸惑っている
森はよく手入れされており火の見櫓は新しいステンだし家々は焼杉であるが蛙は孤独そうである
消防団の倉庫には時計が仕込まれている。公民館には公衆電話がある。ヒマラヤ杉は低く燃え立っている。肉石類は程良く嵌め込まれ押さえ込まれている。余裕があるのか百姓は起きるのが遅い。空の軽トラがたまに通るくらいである。
月は鏡にしては全く顔が違っている。
石牟礼道子が居て森崎和江が居ない。
どこも地獄だ

あついなつなつい
土曜はどんより
あ、手をはなれる
においとともに剥がれる
神社エール

8.14

産む男

これだけの人が居ても
一人居なくなったと思うと
平穏では居られない
飛ぶことはできるが
低空でしか飛べない日に
やっとの思いでビルを超え
嵌め込み式ベッドを倒し
覗き窓に「まど」と書いて埋没しようとしたが
平穏では居られない
日が斜めに射す田圃
感情を押しつけて指を切らないよう注意しながら
白鷺の下を通過する
斜めの陽は秋にまで到達する
一人が居なくなっただけで

夜中に救急車を呼んで6万5千円かかり払えないので保険証を持ってまた病院に来ている
人生は一割負担にかかっている
最初期のルーリードのまま一生を終えなさい
デモテープのまま発表なさい
いますぐ発表なさい
近づいてくる救急車の
サイレンの音も入れること

自分のことしか考えていないので自分が子供を産むことをなかなか実感できない

https://youtu.be/gPna4mxNr_w

 

 

8.21

canopy

そういえば水の中でしか花火見てない
どうせ金魚鉢だからドレスひらひらさせてりゃいいよ
池に打ち込むと凄いの知ってる?
昔止められたけど
花火は水の中で見るに限る

星や木や動物や人間
を英訳していて
花火を見逃した
天蓋は非常に小さく
演繹は四方八方に間違った光を放出していた
フグはそれでも
幾何学の中でゴミを片付けた
邪悪が四方八方秋に向けて
海水の温度を上げ始めていた
狂う人は愛によって狂い
狂わぬ人は愛の欠如によって名乗り出なかった

準備が出来ているとは準備出来ていないと思うということであり、その束、束の切れによってばさばさと進んで行くのが俳句における急き立てであり、文体を形作る服ともなっていく。特攻服が腑に落ちないのはそのためだ。アンビバレンツが「整う」ことはないからだ。見切り発車と途中下車を繰り返すのが人生だ。

8.28

patience

オープンカフェで聞こえてきた
ただ吹いているからロリンズだ。どすのメッキー、
父の声で「そういうものが」
と聞こえてきた
「そういうものが」と言うときの
「そういうもの」そのものではなくて
「そういうものが」と言った者に
負けない
「そういうもの」
はたとえばラックのアドルノ雑誌であるわけだが
「東京ブルース」とか「新宿の女」とかに対して
「そういうもの」
という括りを持つのは卑怯だし
孔の多い菓子の
がしっとしたスポンジの世情に対して
負けるでもなく勝つでもなく
こういうものですと大街道のコンビニのトイレで歯を研く
サウイフモノで
わたしはありたい
だからどうか体力と
依存からの自由を与えてください
タクシー君たちが走っている
タクシーに乗る人は
金を遣っている
どこにそんな金があるのだろう
あ、でも金子は
救急車をタクシー代わりに使っていた
母も救急車で運ばれた
メマリー*に変えて備える先鋭化(*三共製薬の認知症新薬)
女は孕むと一人称が使えなくなる。森崎さんはそれに「体内自然」という造語を与え、「それと社会とを結びつけたいと願った」。
女が、歩いているのではない。体内自然が歩いているのだ。
或いは体内自然の記憶が歩いているのだ。
メマンチン塩酸塩を「メマリー」とは何という造語であろうかそれにしても
大街道で「シングルベッド」歌ってた人、Cメロでコード違えてたけどリヴァーブ効いてて中々良かったよ 輩も嬢も素人も誰も立ち止まってくれなかったね
https://stand.fm/episodes/64e63c2f86ca9f753332dc24

キゼンとしてましたね

凛としたには右翼っぽさがあるけどキゼンとしたにはそれがなくて良い。それにしても片割れは誰が面倒を見るのか。
水色だったものが黒になっていくとどうなるんだろう、と死ぬ前のツイートにあった。
https://twitter.com/Ayler_Nicolay/status/1685697930429394944?s=20
世界中夜だけになったんだよ
日本政府という言葉がトレンドに上がっているのは良いことだ。漸く自分と切り離して対象化でき始めてるってことだからだ。凡ゆる反国家戦線というのはこういうパラダイムシフトなんだよ。
国を選べ。国に選ばれるな。国に選ばれる時代はずいぶん前に終わった。
国に必要な要素を列挙せよ。そして選ぶ国のないことに絶望せよ。今はそれだけでいい。
主体的な埋葬様式さえ持てないのだから。
だからどうか辛抱できるように
待つ力を与えてください