tori kudo

Back to the list

浜風文庫2023.6

6.5

Pandemický Pieces

『tar』、或いはMonster Hunter Orchestra
指揮者にとってのモンスターはオーケストラだがハンターはモンスターの格好をした観客だった
オーケストラにとってのモンスターは観客だが、ハンターは指揮者なのだった
観客にとってのモンスターはハンターの恰好をした指揮者だが、ハンターはオーケストラだった
ハンターとモンスターとの闘いを誰もが担うが勝利できないのはそのためだ

 

『Pandemický Pieces』
去年水上音楽堂でやったパンデミッキーな仕事をそのままピアノで再現してみました
https://stand.fm/episodes/646589f806cfda46b91150f2

 

 
『Helmut Berger, 29 May 1944 – 18 May 2023』
よくDOLL主催のビデオコンサートで観たけどその頃の映像はもう転がってない。
https://youtu.be/xKg87SBFsEs
彼は70年に2本目のB級ドリアン映画に出たのであった。84年のに出ればもっと良かっただろう。
池袋で万引きの師匠だった戦旗派のナカジョーさんは彼にちょっと似ていた。敏子さんを公然と口説くので周りが困っていた。いずれにせよあの曲の前半のように皆半分タイハイしていたのだ。

 

 
『Aaron Boulogne (11 August 1962 – 20 May 2023)』
「ぼくはちいさな騎士なんだから
天にかけて恐れてはいけないって教わった
だから地にかけて父さんに会いに行く」
と解釈してみた
https://stand.fm/episodes/646c7d315dcad4ce4eaf7ee8
 

 
『Invisible Shark (2023)』
コージーがまたサメ映画放出したぞ
https://youtu.be/Eu5wxxzH7Lw

 

新しき枕に替へて寝ねたれば夢見枕と人は言ふなり

 

『Kenneth Anger 3 Feb 1927 – 11 May 2023』
真のデカダンとは?というのが、いまはそうでもないけど、あの頃はテーマだった。わたしだけ?というアルバムのジャケはこれを念頭に置いているとすぐ分かった
馬場に行けばいつでも上映していたのは今考えれば、考えなくても、ハッテン場だった
40年経っても、水は生きている、などと踊っているな
Eaux d’artifice https://youtu.be/yUO6Q9RQPG0

 

 
石垣は三支点を確保しながら積んでいく。佐田岬の緑泥片岩の積み上げはコツウォルズに劣らず見事なものである。隙間に手を翳すと蛇が出るよと脅されたものである。蛇の石垣の下から温泉が出たこともある。僕は石垣にセメンを詰めるのは反対である。隙間を作って生き物のアパートにしてやるべきである。

 

『アートで田んぼ』
https://youtu.be/zjJdRKSKSZM

 

 
すごい雨と言っても
水がすごいのか
音がすごいのか
それは近さなのか
大きさなのか
多さなのか
速さなのか
珍しさなのか
全部なのか
いや
言葉の惰性なのだ
雨なんてすごくない
所詮水の粒だ
粒の水はすごい

 

 
『アル中女の肖像』
冒頭飲むことは生きることで生きることは飲むことみたいなナレーションが流れて金子を思い出しその後は致死量ドーリスのタベアさんの表情を見ているだけで良くて最終的には壁崩壊前の表現としてよく引き合いに出されるHeroesやベルリン天使の詩よりも成功しているのではないかと思えた

 
『フリーク・オルランド』
宝塚を寺山修司が演出して松本俊夫が撮ったようなものだと思った

『タブロイド紙が映したドリアン・グレイ』
ドリアン・グレイというとキム・フォーリーの「ロックンロールのドリアン・グレイ」https://youtu.be/OuXXhTAuxj8が思い浮かび浦島太郎みたいな結末なのかと予想していたがドリアンの部屋の鏡が意図的に銀色に曇らされていて竜宮城だけの映画と知れた

ベルリン三部作まとめ
いかにもドイツっぽいかなしい大道具でファスビンダー組の妹バンド、みたいな先入主を確認する体験だったがただ執拗な男女入れ替わり強迫はオッティンガーだけのものでそれが今観るべき映画として選ばれた大きな理由なのではないか
 

 

こんな時にいやこんな時逆流
https://youtube.com/shorts/8AEITyiPaLo?feature=share

土砂降りに青梅踏みたる硬さ 哉

 

『小説家の映画』
小説家が映画を撮ると映画の人よりも遥かに指示が細かい、というセリフのある홍상수の映画を観て、各トラックごとに音質を決めるのが当たり前と思っていた頃の聖蹟桜ヶ丘のオープンリールのスタジオを思い出した。
「歌うラッパー」的な非常にメタな構造をもっているが、あくまでも小説的な一人称の処理が主題であり、LGBTQをだしに使った恋愛映画ともいえる。

 

水半ば澄んで晴れ間の暑さ 哉

 

雨でミモザが根本から倒れて出入りできなくなったんで土建屋を呼んだところ

 

6.13

ドクダミの歌

場所がないので猫を抱いた
歌がないので歌を聴いた
光がないので女になった
愛がないので蛍を数えた
さわれないので木星を見た
悪がないのでドクダミを貼った
スペリオールに出ていた乾麺を5分茹でた
うすくらやみに白い十字のドクダミが看護婦のように浮かび上がっていた

遠くの信号が青になり
最期の蛍は泪のように消えた
蛙の弔いの声が永く続いた

 

6.20

Plastic Surgery

https://torikudo.com/archive/an-operation/

開いた孔から絶え間なく水が流れ出ていて白Tの背中にも薄赤の滲みが拡がっていた
腎の代わりにゴミ捨て場を作るのかもしれない
コーちゃんもそうだった
超人間要塞 ヒロシ戦記みたいだ

薄暗く撮られた作為の器たちは嬢たちのように座っている
天然の姫が持て囃されるのは作為が野生化して逃げ果せていると錯覚させるからだが超男性は居ても超女性はいない
蛋白と野生化の様相はこの世では変わっているからだ
光と澱粉が鍵で二酸化炭素の方が先なのだ

RNA信仰は宇宙から撒かれた種というすり替えと大差はない
それはおんなおんなしたおんなが分裂する時の宝塚の種と手塚の種の関係に似ていなくもない
RNA刹那ともいうべきオンナオンナリンダリンダ

命が言葉で出来ているのは疑いようのないところである。それは御多分に洩れず4桁のパスワードから始められている。

2週間ぶりに酒を一杯飲んでみた
背中の傷はゲンタマイシンを続けるかドクダミにするか迷っている
あゝみなさんには関係のないこと

脳死の牛脳死の牛脳死の牛

雨で蛍もいなくなりかけています
早い方がいい

自分で建てて自分の寄付で壊すのを繰り返すという不経済のなかで良い時も悪い時もスタンバっていたLevitesはボブ・マーリーやオーティスを待つスタジオミュージャンたちの眼のようだ

ここら辺にはしょぼい池が沢山ある
私たちは土手でしょぼい感傷に耽る
そして名の知れた湖沼の写真のように写真を撮る

最後かなと思って見に行ったらいつもの橋の所には矢張りもう居なくて、次の下流のスポットで目を凝らして探していたのだが、しばらくして一匹だけ光ったと思ったらまっすぐこちらに飛んできて律儀に「私はもう光るのをお見せすることができません、左様なら」と言って去っていった。ほんとだってば

重力などないというのに立ち上がるのが大儀で引き摺り下ろされるように座り込む
浮くのは簡単そうに思えるが納期を引き寄せる弱い力はそれよりも強い
リンゴは落ちるのではない
腐るのだ
コロナは拡がるのではない
リンゴのように放置されるのだ

いつ本格的に切開して取り出すのか教えてくれないので不安でしたが突然もう化膿してないので来なくていいですと言われ拍子抜けしました。痛がるので少しづつ騙して取り出していたのかもしれないし医者の方に認知が入って既に取り出したと勘違いしているのかもしれないとも思いましたが若いしそれはありえなさそうだと思い直し腫れは引いたのでとりあえずこのまままた化膿するまで生活します。皆様にはご心配おかけしました。

6,26

仕舞

四角いものの上にひかりのV字の切れ込みが走り
重唱のソナーを主部に這わせて学生刈の背中に聴かせた
初版を手にして衣服を引き裂く感受性の徒花めいて
ノーネクタイの風がロビーを走る
声優たちの巻き起こす棒秤の長短
保険金を喰いつぶしていく夏至の日の果てに
登山口まで21Kという標識があり
一人で尾根を転がり落ちながら
いないほうがましだったかい?
スクエアの切れ込みの意味を考えながら
声をひかりとして
線香花火のしだれ柳のフェーズを
空調の不調で凍ったノズルを吹きながら大声で死に
いないほうがましだったかい?
浮いた浮いた
爆縮して仕舞を舞う
羊羹列車がarbolito灘を進む
yahoo mailはスパムばかりなのでもうあまり使ってない
監督や作家が主人公の隙間リアルはもう仕舞いだ
あとは忘れろ
販売中止予告のしぐさで