tori kudo

Back to the list

2012.4

Baby Watchfulness

 

僅かな意味のずれが

さざなみのように押し寄せる

肉の色が中米のふじ色に変わる

淡い手術台で 抗がん剤治療に収斂させられる

ところが

Baby Watchfulnessに 意味の大波は突然押し寄せる

知らなかったことがあるから、見張っていたのだ

私達と敵と、どちらが感覚を研ぎ澄ませ続けていられるだろうか

うららかな日に 乾電池は 寿司のように 眠りかけ

月が昇ることも 知らずに

then she takes little note as the moon drifts across the sky

そして大根を薄く切り ぼくはケトルのデザインをしていた

基本的には女は嫌いだ

先走る花々の意味の先に 先廻りして 変容する 意味の先に 先廻りして

先を急ぐ振りをして 逆に 花に戻ることが出来ないだろうか

家族の中で すべての言葉は その反対の意味 になったのだから

終わりのしるしの言葉は 雨ざらしにされて 白骨化した洗濯バサミのようになった

ラジオから流れる先廻りした素朴さが 多くの魂を殺している

眼鏡に引きずられて 顔が前に進んでゆく

先廻りすることは できないだろうか

それはこういうことか と 餓死自殺を企てた

尾形亀之助なら 満開の日の雨戸の中だ

体の中が暗室なら せめてカメラ・オブスキュラのように 反転した映写を鑑賞しようではないか

るせ寄し押然突は波大の味意にssenlufhctaW ybaB

 

 

 

 

Galatians

 

手紙を書いたのは何故か

そこにいる人びとのために?

それともその州にいる一人のひとのために?

手紙はいつも一人に宛てられる

すべての手紙は そういう風にして一人のひとの許に届く

人びとで構成される体に対して手紙を書く

しかしそれはやはり一人のひとの体に対して構想される

 

bccのようにして届く愛はccのようないくつもの体を持たない

手紙はいつもひとつの体を求めている

 

 

 

 

 

婚宴

 

婚宴はドスト氏の風土的な色に包まれ 銀のフォントは似合わなかった

嘘つきの僕は花嫁も偽りだと思っていた

黒いレースで着飾った女たちや

癌の猶予期間の余生を送る禿げ上がった男たちが

ビスケットのように乾いた笑みを浮かべて

 

そうだ、長い長いキスの後、、、

紅白桃の三色に植えられたスオウのようにゼカリヤ的な 隈のある写真

 

終始にこやかに

既知の曲に合わせて 二人は登場した

連れてこられた花嫁の頭の花は 白に緑が入って

 

由紀子は深夜にジャスコで清掃していた

淳一が一緒だったのでさびしくなかった

ずっと笑っているよ

すなおだな

掃除の手に指輪を嵌めたね

4.1

avon closing live show

+reiko, w/saya

座りやすい日向には必ず吸殻が落ちていて ぼくはそこに腰掛けていつまでもきみのボタンをいじっています
演奏できないのをきみのせいにしちゃいけない

大阪は永遠の半ばのアーケード

4月4日
step family blues

マッサージ痛みよりかなしみのほうが大きいと言い聞かせている

4月5日
さよなら三角またきて四国 

4月7日
http://t.co/wF51yJVo
(cont) http://t.co/3KhFVsxr

4月8日

月夜のボタン

 

月がきれいなので

虫を食べることにした

抵抗して弾けて飛んだボタンは月になったが

光になれば月は見えず

虫のように真っ白になって歩いていた

月を見るためには虫を食べなければならない

変わらなければならない

月になってはいけない

今夜のきみは空のメダルのようで

コートの中はひとの形はしているが

凍結されたカードのように空っぽだ

月を見ず 花を見ず

メダルのようなボタンになって

拾われぬまま

照らされず

虫を食べるようになることなど思いもかけないのだ

ボタンの血を飲み月の肉を食べることがそんなにいやなら

二トントラックがバックするから

心をひねりつぶせばいい

花を見ず 強姦され

月を見ず 強姦され

ぺしゃんこになった二次元の光

ひとはいつか虫を食べるようになると

ぼくは今夜は思っているんだ

 

 

犯罪者同盟はハンザ同盟から来たのかといまさら気付く

The whole wide world was your medallion  http://t.co/ 8bdC05tH via @youtube

 

4月10日

座りやすい日向には必ず吸殻が落ちていてぼくはそこに腰掛けていつまでもきみのボタンをいじっています
演奏できないのをきみのせいにしちゃいけない
病気をクッションにした体の悪企みでぼくも乗り捨てられる
ぼくだけがまだボタンを持ってうろちょろしている
間違って膨らんだ財布にボタンを入れたまま潰されるのを待っている
拾われることのないボタンのように詩は消えていく
月に向かってそれは擲られ 波に向かってそれは擲られ
見捨てられて ラマ・サバクタニ と叫ぶ 声も聞こえず
小さいひつじが いえをはなれ、ある日と おくへ あそびにいき、花さく野はらの おもしろさに、かえるみちさえ わすれま した。 けれどもやがて よるになると、あたりは くらく さびしくなり、うちがこいしく ひつじはいま、声もかなしく ないていま す。 なさけのふかい ひつじかいは、このこひ つじの あとをたずね、とおくのやまやま たにそこまで、まいごのひつじを さがし ました。 とうとうやさしい ひつじかいは、まいご のひつじを みつけました。だかれてかえ る このひつじは、よろこばしさに おど りました。
昔通っていた教会で習った歌を思い出しました
敵の歌に身を斬られる
かなりやばい もうやめようかな

さくまえに木 全体があかくなる
さくらはねさくまえにちりはじめるの
永遠も半ばを過ぎて桜かな
飽きさせて から散り始める桜かな
猫とはひとつの愛の欠如である

http://t.co/IFHR3h4s
http://t.co/1CxTA0tH

 

4月12日

 

切られた絵

 

いくつかの絵画を切って

雨の止んだ夜道を 軽トラに積んで しかもそれを

本業とは考えなかった

車軸から突き出た戦車の武器に

跨がれないのは不文の法による

見知らぬ人をもてなすように

     愛は宿屋のようにずらずらと隣の家に移った

裁判員のように 私達は座っている

切られた絵は遠いところで有罪だ

扮装して映画に撮られる

全て 座についている者たちは

心から 塵を振り払い

背広が藤色に切られた絵を示して そこに住め

にやけた土に鍬を入れて

ツンツルてんの脛を刺されて

ブタの手のひらをひらひらさせて

コスチューム は 初めてのカラー映画 

おばさんに似たおじさんに似たおばさんと

good day, 大いに恵まれた者よ、

家畜小屋に切られた絵

ろばの背中に切られた絵

練炭殺人の菓子袋

苦しい胸

長い剣があなたを貫くでしょう

低い声で唄う 障害者の 大人

空気が寒く濁って 降りてくる

もう産むのか、もう産むのか

被告だっていうのを 忘れ果てていた

波照間島に すたすた歩いてゆく

フォークソング のような歌が聞こえてくる

ああ 遠い 遠い

霊の崩壊のために泣き喚け

分割のための垂線のように  降りて来る

カラカラの水

耳の裏側に口があってそれが僕に喋る

物事を はっきりさせるために

映画の光のような

ものしかない

裾野のない山  を見ている

 

切られた絵 

 

 

 

4月13日

たたみのうえでしにたかったあり

あさおきるとありがるいるいとたたみのうえでしんでいました。
あるいはわるいあいはいたたまれぬ脳の神殿域にいました。

 

4月15日

れいらうの松風の吹く山頂に徒歩で女は登つて来たり

宇多田ヒカル – Flavor Of Life -Ballad Version-: http://t.co/FpESLeyU
http://t.co/ixlI7SkH

http://t.co/bJf96Yvy
http://t.co/xWjm1Aa3
http://t.co/yS5uI1BF

4月18日
5月に千葉の市川で、離散して廃屋になった実家でイベントをやるという女の子に会いました。参加者は一晩だけ家族として過ごすことが求められ、食事と入浴が主な予定です。翌日の朝家は再び封印されます。

山 と書いて ハル と読ませるハル・メギド  

4月19日
ParisLondonNewYorkWestNile Trailer: http://t.co/fzuUmJST

4.20-5.1

野毛旧バラ荘

exhibition 

porcelain exposer2

今回は玉柳君の送ってくれた牡蠣の殻を焼いてパウダーを手につけて轆轤をし、そのまま切り離して本焼、というものです。バーなので夜しか空いていません。

4月21日

躑躅オレンジ濁った返歌の熱

4月27日
すげえありがたいんですけど@Ryo_kazz

4.22

ufo club mshb

4.28

野毛旧バラ荘

瓢箪レコード新作出るので買ってください@Ryo_kazz

オープンカフェにはいい季節だな
見てるだけだけどね

4.30

裏窓

“all alone”