tori kudo

Back to the list

2013.1

1月4日

社交
雨瀟瀟 
暗い冒頭 
痴情の楽園 
枯れた山水 
人が疎ら 
ナチツドイス
 
明日をだます
赤金色の布張り
横にすごい強い人がいる
だますことさえ貶められて
その業は貴重になった
水門から 
注ぎ出されるのは
洪水か祝福か
バイキング
意地汚いのは
おれだけみたいで
家康の墓にゲーテの玉砂利を見た

1月5日lastwaltz

21世紀初頭の音楽と言われたが「自由に生きる権利」だけを弾く

三種類のコノスルが楽屋にある

1月6日uramado

単音の信号をキープしたまま弾く

 

1月10日

 (赤金色の遅刻は) 

赤金色の遅刻は 
白い夜道を麺棒で引き伸ばした 
炎の絵が見え 
轢かれた猫を跨ぐように 
両岸に道は走った 
ホワイトイエローと白の見えない看板が 
山林に点在する

 
1月14日 

つつぬけ

末端は冷えて
真中は熱く
タイツのように行き止まり
固い雪山のギザギザ
じりじり越える停止線
末端よ
暖まることで

つつぬけになれ

端末よ

寸胴のようにつつぬけになれ

may poring rain fall inside of this pipe. 


1月15日
このルートを通ったのには訳があった。左 岸だったのだ。いつかは橋がある。案の定 右岸に出た。何でも、最後はそうなるのだ。 

1月20日

かなしみべろべろ

単音の信号をキープしたまま弾く

死にたいと思いながら鴨を切り裂いている

女 男 女 氷 阿佐ヶ谷駅

 

よなかにしなやかあさにはれやかひるにおだやかゆうがたにゆるやか

あけがたにあざやか

アル出っ腹ン 尻臼

ああああよがふけるがヨガにふける

おやすみなさむい

寂しい果実は剥かれないまま布団のなかで皮を着替えて

寂しい果実はナイフを差し出す溶け出す代わりに凍ってる

赤ん坊の方が見兼ねて母親の乳房に命じ、 奇跡により母乳が出るようにさせている、 という夢。

おやすみなさむい

 

南蛮紫

 

みぞれ状の受け身の着地に 徐々に

形作られてゆく

眼鏡を外して

子供を抱き抱えても

夜の雪は写らない

夜明け前には凍る歌

荷台の車椅子がカラカラ回る

高速では約束の事故が起きるだろう

自慢せよ

absentを穴とする心の欺き

彼は本当にこれらのことを話したのか

右の目をみなえぐり取るという条件で

楽して儲ける

きみのその紫は南蛮を受容したころの寺院のそれのようだ

ぼくは靴を履き直す

きみのブーツは茶色い

光が目の裏を横切る

写らない雪のように

 

石をパンに変える

ボーダーを試し
心臓を与え

なんでも出来るという夢想に耽る

もう無理なのに

 

1月22日

かけ離れた 傷口のような あでやかさで
自ずと 生成される 現場ではなく 劇とは 焦点に向かい、そこを通った後は現実とな るような 光であり 
定期的な 清掃のような 予型. 
脊椎 によって立っているのではない 認識によって立っているのだ 
ウニのような頭が
土地


日高がこのルートを通ったのには訳があっ 
た。言葉には言い表しにくいが、左岸だっ 
たのだ。いつかは橋がある。案の定右岸に 
出た。何でも、最後はそうなるのだ。 
日が暮れてきた。犬に服を着せて散歩させ 
ている人がいる。ジグザグに山道を上る 
と、オヤブという温泉があると看板が示し 
た。
何年も前に 

Manasseh מְנַשֶּׁה (men-ash-sheh’)

 

わたしの舌がわたしの頭の中にある

秘められた自分におけるわたし

布に光が当たっている

緋に吸収される

その日は気温を象捨する

 

 

最後の日々に定型は

頸椎の矯正のように捩れを伝え

搔き上げる髪も骨だと知って

大半は改善できると教わるが

検分は時を変え場を変え

骨格モデルに触る手付きで

「もういいよう もういいよう」

と哀願するのであった

光は照らして調べる訳だが

回転する轆轤の上でそれは

粘土に対する権限を示す

形作られることに対してどう反応するか

手は泥漿で濡れ

口縁は引き上げられた泥漿の柔らかい波に覆われる

土の背骨よ

可塑であることの真髄を知れ

口縁の波を歩いて渡る信仰

土は労働力調査の後、 サンドイッチのために徴兵された国民である

つっと立ち上がる口のような身体

声のトーンはアルカリ土類金を示し続ける

王の専制と搾取のやわらかさ

ロバのように埋められ捨てられる

それが服装だったのか

首を通す衣服の物としての正しさのように

王はやわらかさのうちに連れ去られた

甘える声は羊の白さ

社交やダンスはその白さに覆われる

ターンテーブルの羊毛

チュビチュビというしんみりした和装の口先

逆戻りする轆轤上の解放

表面的に埋め合わせ、危険が去ると以前の土に戻ったのだ

発芽を待つ種粒が

言葉のように宿っている

野菜なのに木のように成長し

鳥たちが宿り場を見付ける筈だった

疑いに負けた土は

遅れて来た女のように一瞬にして理解する

                  アヒルのように

ラッパを吹くように

遅い時間に

夜明けの湖で

土の舟は沈む

以前には悟ることが出来なかった

気になることは放っておきなさい

息子が齢をとってゆくように

夜明けの水浪が立つ

いたちが横切る塀を見ながら

星で首を吊る

赤ペンで手を入れられた人生の本book of life

ページを開くと抑揚という部分

音の響きを変えてゆく

書くためではなく朗読するための人生

青ざめたタコと蛾のような毛糸の対話

演技はその背後に山の暗さを背負う

孵化する敵意が山の端がら昇る

もうすぐまた感情の満月

山の地図を見ながら眠る土

薄荷の葉が混じっているかもしれない

腐葉土を成型するような死のゲネプロ

呼吸法では治らぬ人格

二つのネックレスの列なりのようなブルネットが

同緯度同縮尺を突き合わせている

口が開き 歯が見える

口を閉じると別の口紅の唇が開く

ひろやかな場所へ 装身具は直列しようとする

移動して井戸を掘るのは平和のためであった

割れた石の中に結晶が見出される

服飾を通してそれを見ようとしている

肩はぶつかり合うものだと

移動する箱型のトロッコの年数

膝や首を楽にすることは夜の青に消えた

地図の三角地帯は迫り出すものによって黒ずんで

ぼんやりした明かりが移動する肩の後ろの壁に

胸の痛みが抜けてゆく

それは循環の話であるのに

箱の中の毛玉のように動いてはいない

困った顔の犬が

薄紫の主人に向かっている

抽象的な質問に

箱の中の赤紫の毛玉はごろごろ動く

マスクをした人は針山になる

転がる毛玉が切れて

黄色い部屋に入ってゆく

トラックに椅子を並べたりして

平日は振り落とされるのではないか

漁師は

休日に陸に網を拡げる

欲望のバイキングとしての

土色の背広を着た人は

自分の土の場所をひとりで回る話

蚯蚓には冷たい個人の土

益という字を凝視める

凍結はしないだろう今夜は

近所の土に会ってこようか

旗の影のような三角地帯の

鯖の缶詰のような小さな光

やわらかさという土の中へは

誰よりも音を延ばそうとして

まだ知らないバイキングの白い旗の中の赤

 

彼女に戻って来た平和

 

投げた平和はブーメランのように戻ってくるとき
バリアーを通り抜ける

ドレッシングを選び

声が笊に落ちると

癌以外の命は削ぎ落とされていったのだ

 

 

 

食卓の暗号

 

モンモリナイト

雲母の多い繊維質の土の

崩折れる鴨のような声が

芯を掃除する

砂あらしの中移動していて

長期間いなかった

川まで旅費はどうしたのだろう

帰りは帯をしないで

足を組み直して
食卓を暗号にする

食卓の中身は少女言葉の暗号

紅梅が先に膨らんできた

紅梅色に事務的に春は膨らんできた

少女言葉の昔

中身は

食卓の中身は少女言葉の暗号

ぼやけた影と光が

理解できなくても 従うとは

中身は

食卓の中身は紅梅色の事務服の少女言葉の

暗号

 

 

1月23日
the refuse,the offscouring

the whole obligation of man

 

思い通りにならない

ことではなく

虐殺でもなく

空色が入ってきた

全員一致の知恵

 

復活はない

ことではなく

自分を裁く能力を人に使うでもなく

エラーから美喜と名付けて

忍耐で覆ってもらっていた

軍資金はその真珠ひとつ

 

成功の尺が明らかになってくる

成功した人などいない

 

“refuse to bear arms against their fellow man

それが人のつとめの全てthe whole obligation of man”

 

裂けた紙に字が書かれていたが

声と文字が書き写されていただけで

父の詩句の垂直の突出ではなかった

 

ごみthe refuse くずthe offscouring

顔の描き方が違うだけで

対応の仕方はコントロールできる

 

 

ぼーふら汚い
切っ先

ぼーふら汚い
切っ先
avai>lable 毛皮から服を作り 鉄を 打ち 糸を縒り


 

 

1.30

京都 ユーゲ

マヘル

(ヨーロッパツアーの一日目)

定型の試作

 

my favourite things 2012 序文

my favourite things 2012