tori kudo

Back to the list

2014.6

6.1

アートで田んぼ@takase

 

アートで田んぼ

 

再発行出来るものと出来ぬもの

6月8日

6.8

dogo@nannanna

 

メタには絶望が似合う

 

6月10日

昨日の夜中、テルマエロマエⅡを観ている間にミエコ姉妹が死んだ。家には行くなと言われた。死体は痩せすぎだから見に行かない。最期に会った時は生きていた当たり前だが

 

6月11日

andrew chalk

painted screens

an’archives 08

cassette

 

 

6.14 lorca  hiroshima@abierto 

 

 

 

夜中なのに外で人の話声がする

6.14Lorca hiroshima@abierto
先日新宿のウカマウの上映のとき太田さんに一年ぶりにお会いし、今年もあれやるんですよね、と笑って握手したわけですが、大人がここまでむきになって遊ぶ場も珍しいのではないかと思います。加えてフラメンコについて知る場でもあります。年末にsweet janeをフラメンコでやったのはここで学んだからです。あとハットの被り方とかね。

6月17日

フラメンコのピアノを弾きすぎて肋骨にヒビが入った

犬の耳をつかむ者

見送りのゲートに夏至の空白き

必敗の歴史 霞んで枯れエリカ

 

6月20日

 (僕はまた走ってみた) 
僕はまた走ってみた
灯の消えた商店
田んぼの畦道
結石を砕くように
ホタルなどとうに死に絶えた夜に
廃部になった部室に忍び込み
儀式ではないと言い張り
渡されたバトンを
脱いだ襷を
走者走者走者
蒼社川
のメロスの入水
はいまマリオネットのリンパにぶら下がり
サーキットをこなす夜中の月の出の濃い
夏至
齧歯類決死隊消したい部室の
葬式は出しません
ノイズ
蛙の
水面に忍び込みぶら下がり
儀式めいて
結石を砕く
痛みまで儀式めいて
廃部だってよ
盆地の出口に氷鳥
おいしゅうございました
部落から部落
城から城
月桂冠
サッカー部はきらい
いつの間にか走らされているだけだから
ツヴァイクは好き
走る物語に不可欠な機能不全家庭の
さらっとした捨象
スマートな路面電車
吉備団子を投げる株主総会
腕時計の太田昌国
猪の紋章
喪章を襷に
弾くのはアラベスク
誉められないから走っていた
まずうございました
砕けた足首
サッカーきらい
久留米の総体で
同じ名前の人がいて 追いかけていたら月見草が咲いた 真のデカダンとは コロシアムの周りを八回回ること エリコさんの周りを八回 保険が出るように 角笛を吹きならせ 
震わせて
もう眠りながら走ってみた
精神のリレーは断ち切られた
手を入れられた植木のように
わが生はと歌った
夢はリンパを駆け巡る
鼠径部の廃部

6月21日
囓る 囓る 夏至動物
夏至夏至齧歯類
下司君
いのち
ちのいろいのち
あかいかあ
爬虫類的人類は米英のことであるのに
太田昌国も太田竜もそれを理解出来ずに
かくめいめくか
いきなあなーきい
などない
アドナイ
ドアない
フラメンコのフランコ奴
この下の臓器は何ですか
肥大した齧歯類が肋骨のなかに住んでいて
歯朶 羊歯
坂道のシダ類 fern on the slope

僕はまた走ってみた

灯の消えた商店

田んぼの畦道

結石を砕くように

ホタルなどとうに死に絶えた夜に

廃部になった部室に忍び込み

儀式ではないと言い張り

渡されたバトンを

脱いだ襷を

走者走者走者

蒼社川

のメロスの入水

はいまマリオネットのリンパにぶら下がり

サーキットをこなす夜中の月の出の濃い

夏至

齧歯類決死隊消したい部室の

葬式は出しません

ノイズ

蛙の

水面に忍び込みぶら下がり

儀式めいて

結石を砕く

痛みまで儀式めいて

廃部だってよ

盆地の出口に氷鳥

おいしゅうございました

部落から部落

城から城

月桂冠

サッカー部はきらい

いつの間にか走らされているだけだから

ツヴァイクは好き

走る物語に不可欠な機能不全家庭の

さらっとした捨象

スマートな路面電車

吉備団子を投げる株主総会

腕時計の太田昌国

猪の紋章

喪章を襷に

弾くのはアラベスク

誉められないから走っていた

まずうございました

砕けた足首

サッカーきらい

久留米の総体で

同じ名前の人がいて

追いかけていたら月見草が咲いた

真のデカダンとは

コロシアムの周りを八回回ること

エリコさんの周りを八回

保険が出るように

角笛を吹きならせ

震わせて

もう眠りながら走ってみた

精神のリレーは断ち切られた

手を入れられた植木のように

わが生はと歌った

 

夢はリンパを駆け巡る

鼠径部の廃部

 

 

 

 

 

(僕はまた走ってみた)

  

僕はまた走ってみた

灯の消えた商店

田んぼの畦道

結石を砕くように

ホタルなどとうに死に絶えた夜に

廃部になった部室に忍び込み

儀式ではないと言い張り

渡されたバトンを

脱いだ襷を

走者走者走者

蒼社川

のメロスの入水

はいまマリオネットのリンパにぶら下がり

サーキットをこなす夜中の月の出の濃い

夏至

齧歯類決死隊消したい部室の

葬式は出しません

ノイズ

蛙の

水面に忍び込みぶら下がり

儀式めいて

結石を砕く

痛みまで儀式めいて

廃部だってよ

盆地の出口に氷鳥

おいしゅうございました

部落から部落

城から城

月桂冠

サッカー部はきらい

いつの間にか走らされているだけだから

ツヴァイクは好き

走る物語に不可欠な機能不全家庭の

さらっとした捨象

スマートな路面電車

吉備団子を投げる株主総会

腕時計の太田昌国

猪の紋章

喪章を襷に

弾くのはアラベスク

誉められないから走っていた

まずうございました

砕けた足首

サッカーきらい

久留米の総体で

同じ名前の人がいて

追いかけていたら月見草が咲いた

真のデカダンとは

コロシアムの周りを八回回ること

エリコさんの周りを八回

保険が出るように

角笛を吹きならせ

震わせて

もう眠りながら走ってみた

精神のリレーは断ち切られた

手を入れられた植木のように

わが生はと歌った

      夢はリンパを駆け巡る

鼠径部の廃部

 

囓る 囓る 夏至動物

夏至夏至齧歯類

下司君

いのち

ちのいろいのち

あかいかあ

爬虫類的人類は米英のことであるのに

太田昌国も太田竜もそれを理解出来ずに

かくめいめくか

いきなあなーきい

などない

アドナイ

ドアない

フラメンコのフランコ奴

この下の臓器は何ですか

肥大した齧歯類が肋骨のなかに住んでいて

歯朶 羊歯

坂道のシダ類 fern on the slope

 

6月24日

見送りのゲートに夏至の空白き

 

6月25日 

ういるすが神経を食べる 脱獄囚は窓にたどり着いた 目から飛び降りる 自由という堀割 報酬は受け取られた 小遣いのかたちで 闇のフォーク 藁小屋は使い捨てられた 歯朶の帽子 うたはゆく 下水管のなか 蓋から飛び出す マンホールの意匠を振り返り

と呟き

ういるすはゆく

なみだのそとへ


Zoster 
ういるすが神経を食べる
脱獄囚は窓にたどり着いた
目から飛び降りる
自由という堀割
報酬は受け取られた
小遣いのかたちで
闇のフォーク
藁小屋は使い捨てられた
歯朶の帽子
うたはゆく
下水管のなか
蓋から飛び出す
マンホールの意匠を振り返り
け
と呟き
ういるすはゆく
なみだのそとへ

Zoster ういるすが神経を食べる?脱獄囚は窓にたどり着いた?目から飛び降りる?自由という堀 割?報酬は受け取られた?小遣いのかたちで? 闇のフォーク 藁小屋は使い捨てられた?歯朶の帽子?うた はゆく?下水管のなか?蓋から飛び出す?マン ホールの意匠を振り返り?け?と呟き?ういる すはゆく?なみだのそとへ

 

ういるすが神経を食べる

脱獄囚は窓にたどり着いた

目から飛び降りる

自由という堀割

報酬は受け取られた

小遣いのかたちで

闇のフォーク

藁小屋は使い捨てられた

歯朶の帽子

うたはゆく

下水管のなか

蓋から飛び出す

マンホールの意匠を振り返り

と呟き

ういるすはゆく

なみだのそとへ

 

Zoster

 

ういるすが神経を食べる

脱獄囚は窓にたどり着いた

目から飛び降りる

自由という堀割

報酬は受け取られた

小遣いのかたちで

闇のフォーク

藁小屋は使い捨てられた

歯朶の帽子
うたはゆく
下水管のなか

蓋から飛び出す

マンホールの意匠を振り返り

と呟き

ういるすはゆく

なみだのそとへ

6月28日

カタツムリの居ない地上で 正史を変える貧しい想像力が 日の延びた剰余に怒鳴られ 戦争前の反戦論のように 当たり前の黄昏の 猪口に落とし込まれた 闇 もうやめよう 骨盤を開いて映画の地上に還れ 植物も動物も 全てが嘘の 渓谷や丘 ここは ロケ地なのだ と思い込むことで 喪われた女の 留守電の声を聴く カタツムリの居ない地上で 遺された残響を聴く

隔離された夕方 調合の違う香の 適法ではない夕闇に わたしたちは立って ブルースのらい病を唄う 一つの石のために 流れを変える川 よく見るように 全身に広がっているなら それは清い

現在 ノアの額に雨粒が落ちる 「ドアの前にひび割れがあったよ」

カタツムリの居ない地上で 正史を変える貧しい想像力が 日の延びた剰余に怒鳴られ 戦争前の反戦論のように 当たり前の黄昏の 猪口に落とし込まれた 闇 もうやめよう 骨盤を開いて映画の地上に還れ 植物も動物も
全てが嘘の 渓谷や丘
ここは ロケ地なのだ と思い込むことで 喪われた女の 留守電の声を聴く 彼女の居ない地上で カタツムリの残響を聴く

(ノアの額に雨粒が落ちる) ノアの額に雨粒が落ちる 「ドアの前にひび割れがあったよ」

カタツムリの居ない地上で 正史を変える貧しい想像力が 日の延びた剰余に怒鳴られ 戦争前の反戦論のように 当たり前の黄昏の 猪口に落とし込まれた 闇 もうやめよう 骨盤を開いて映画の地上に還れ 植物も動物も 全てが嘘の 渓谷や丘 ここは ロケ地なのだ と思い込むことで 喪われた女の 留守電の声を聴く 彼女の居ない地上で カタツムリの残響を聴く

 

カタツムリの居ない地上で

正史を変える貧しい想像力が

日の延びた剰余に怒鳴られ

戦争前の反戦論のように

当たり前の黄昏の

猪口に落とし込まれた 闇

もうやめよう

骨盤を開いて映画の地上に還れ

植物も動物も

全てが嘘の 渓谷や丘

ここは ロケ地なのだ

と思い込むことで

喪われた女の

留守電の声を聴く

カタツムリの居ない地上で

遺された残響を聴く

 

隔離された夕方

調合の違う香の

適法ではない夕闇に

わたしたちは立って

ブルースのらい病を唄う

一つの石のために

流れを変える川

よく見るように

全身に広がっているなら

それは清い

 

 

ノアの額に雨粒が落ちる

「ドアの前にひび割れがあったよ」

 

カタツムリの居ない地上で

正史を変える貧しい想像力が

日の延びた剰余に怒鳴られ

戦争前の反戦論のように

当たり前の黄昏の

猪口に落とし込まれた 闇

もうやめよう

骨盤を開いて映画の地上に還れ

植物も動物も

全てが嘘の 渓谷や丘

ここは ロケ地なのだ

と思い込むことで

喪われた女の

留守電の声を聴く

彼女の居ない地上で

カタツムリの残響を聴く

 

隔離された夕方

 

隔離された夕方

調合の違う香の

適法ではない夕闇に

わたしたちは立って

ブルースのらい病を唄う

一つの石のために

流れを変える川

よく見るように

全身に広がっているなら

それは清い

 

 

6月29日

セクハラについては理解するというより地殻変動的な感性の転換を経ないと男性は駄目みたいです。女の人ととことん話すと、自然に変わっていくものです。

それは植民地主義とセットであると考えます。なにをするにしても、その二つの視点を抜きにしたものは魂が抜けています。

 

6月30日

朝日新聞土曜の迷路の解を求めるに当たって、男は演繹的、女は帰納的であった。ちなみにSUDOKUの答えは16です。

 

背中の人、胸の人などと言っていたが何のことはない、ヘルペスが肋間神経を食っていただけの話だったのだ。

 

 

 

よく寝た夜落ちている書きかけの朝

肉の書き板