tori kudo

Back to the list

2015.4.30-5.31

2015.4.30-5.8

木股展

4月30日 ネパールで地震。短期滞在450人くらいのうち友人は3人、あと100人くらいはその知り合い、道には死体ゴロゴロ、でも略奪は起きていない。温厚な国民。今はハイになってるけれど。中国の介入が心配。
みんな並んで、笑ってるじゃないか。築き上げたものが壊れた、とかじゃない。だって今まで何も築き上げてないもの。カラフルなのは布地だけ。ゴミ屋敷の、形がちょっと変わっただけ。ptsd発症しないことを祈る。
ラインに救援のスタンプできてるけど、赤十字、やだ。
これでシャンバラ破壊とか言ってる奴いるけど木股さん、昔みたいにそれを上回る滅茶苦茶なこと言ってくれよ、にやにやしながらさ。そしたら俺がもっと真っ当なことを言ってあげるよ。もう死んでるのか?生きてると思って演るよ、

安西美佐保を読む堀江敏幸蝶は五月の空を開けるか
人間は汚染水の詰まったただの言葉袋である
小綺麗なデザインのアホダンスaffordance
舞踏公演「見舞」
桐の後にはアカシアが
@twitter「いまどうしてる?」って?どうもしてねえよざけんじゃねえよ
たまに大きな雨粒があって車の屋根に大きな音がする

そりゃゴキブリを食べるから居ていいとは言ったよでもこの部屋じゃなく
子供作るなら軒下とか雨の当たらないとこがあるでしょうが

最近米に胡椒入れて炊くのが流行ってるよ。花椒の痺れや唐辛子の辛さじゃなくて胡椒を形容する適当な言葉がないのは何故だろう。

ワキツレの意味が判る夢だったよ

毎年この時期はロルカのフラメンコを数曲づつマスターしています。リズムが恐ろしく難しい。そのあととばっちりを受けるのはマヘルですけど笑

「マリア」「なんだ、そこにいたのか」

包囲網は狭まって
カインは慰めを得た

イノセント、無修正にこだわって現地で観てきたという評論家が居たりしたことは覚えています。ヴィスコンティが生きていた頃は濃いスープの入った重い鍋がいつもぼくらの肩にのしかかっているようだったが、去ってからはそれが薄まり、鍋の重さは変わらないのに軽くなったような気がしていた。

5.8 木股展 博多 月
w/3c123, ryo goizuka, harumi yamazaki, reiko, etc

「庭に来る鳥の啼き声が I should’ve been thereと聞こえる」と真顔で言われて
フェリーで柳井に着いて田布施を通って光市。上からの目線は擂り潰される。
ふくつ市

5.9博多 tetra
山谷争議団の頃の友人がテトラの前を通りかかって、何曲か歌ってもらった。今は社青同開放派かなんか。

 

 

5月11日
ことばに いみがなかった いみには ことばが なかった- ねむりのもりのはなし 長田弘

ボイス的な物と物との神秘的な照応の時代は終わった。アイコンは廃れるだろう。というより、アイコン同士、なんの関係も持たなくなるだろう。すべては個人に戻ってゆく。

obsession of “αντιτυπος-τύπος” typology had marged into personal moments, like only ones’ no peace for the wicked, even serpents shine, etc.

ホタルそろそろなのに台風

5月12日

啼き声は嵐の夜明けに切れ切れに数秒続く多分子猫だ

生ぬるく鳥多く雲の多種類
消去出来ない道に枝の散乱
多種類の緑盛り上がっている暗さ

5.13 mshb+shiu 道後 ワニとサイ

ことばに いみがなかった 
いみには ことばが なかった- ねむりのもりのはなし 長田弘
ボイス的な物と物との神秘的な照応の時代は終わった。アイコンは廃れるだろう。というより、アイコン同士、なんの関係も持たなくなるだろう。すべては個人に戻ってゆく。

obsession of “αντιτυπος-τύπος” typology had merged into personal moments, like only ones’ no peace for the wicked, even serpents shine, etc

東に移る雨にふられた西の、おきざりにされた青空

5月14日
Shiuが来たので久し振りに松山城に上ったのだが宇和島城と比較して松山城に足りないものは私にも足りないものだなどと底の方では思っている。

5月15日

タイツを先にはいてしまったときは空手チョップの真似をしながら力道山怒りました力道山怒りましたと言う

5月16日
17日にピカとやる曲、ひとつはa boogieかな、あとはswitch back、それとtoo many wives、、などと考えていたら夜が明けてきたじゃないか

話さないことが強さであるような
ミステリーのために
承認欲求を見殺しにしてきた
約束はあった

選ぶ自由と決める権利の違いも分かっていた
筈だった

私は本当に何に
このような

5.17 徳島 jiro”s guitar bar w/pika
ピカと坂本弘道のツアーに誘われてまた徳島に行った。
当日はピカがドラムを叩いて、楢山節考、ムジゲ、a boogie、switch back、とかやった。

5月18日
鳴門インター近くの「かわい」は「もうちょっと生きてみようかな」という気にさせる優しい味だったのに、おばちゃんが居なくなって薄っぺらい化調味になってしまっていた。二日酔いだったからかな。もう生きていてもしょうがないかな。

5月20日
送信者のないメールが来た

5月21日

万緑に花のいっしゅんとだえたり

5.23 ダンス公演「見舞」

mshb ダンス公演「見舞」@八丁堀七針 collaboration with Florencia Rodriguez Giles

僕が尊敬するアルゼンチンの美術家フロレンシア嬢は先年の神保町視聴室の周波数オクターブ舞踏を観に来てくれたのだったが、今回の七針のマヘルの日にもちょうど茨城のレジデンシーで来日していて、一緒にやりたいと言うので嬉しかった。最近またアルトーに出会い直しているのだ、という彼女の異言劇に対して、ダンス公演「見舞」というのを考えた。その下敷きには、石田尚志が府中でやった、それまでにかれが行き着いていた「奥の部屋」の提示だけでなく、さらにその奥からの、作家も含めた私たち全体に向けられている一台のカメラの存在が啓示のようにしてあった。

The setting is like a dance performance. I am lying as if I am on a bed in a hospital with my guitar. Then participants give some kind sound/motion to me, using no words.

床に寝ている病人は携帯を隠し持っていて、見舞いに来た人の顔をツイキャスで流しますが、レンズは白濁していてもう相手のことを覚えていません。

見舞いに来た人は携帯を隠し持っていて、寝ている病人の顔をツイキャスで流しますが、相手のことを感じられているかどうかという自分のスプランクナに関心を持つあまり病人を物のように見ていないかうっすら悩んだりしています。

それらを受信する二つのツイキャスビュワーはさらにナースキャップをかぶったもうひとつの携帯によって交互に編集されながらプロジェクターでステージ後方に投影されました。観客も映っています。

それらすべてを撮影している五台目のカメラも「奥の部屋」に居ます。すなわち病人一人につき五台のカメラ。

ダンス公演「見舞」はそのようにして即興演奏のフォーマットにされます。

フロレンシアのプロジェクトに参加する場合、前もって夢を共有するFB上の閉じたグループに参加することが望ましいようなので、参加したい人はお知らせください。彼女のテクストは以下です。

This project is based on the idea that the act of dreaming can be used as a source of new narratives and collective practices.
I conceive this project as a communitarian practice based on the idea that a group of people can open a different space within the state of wakefulness.

First in Buenos Aires and then in Ibaraki, I created a community of persons that started to share their dreams by means of a closed group that I opened in Facebook.
My objective was to establish a virtual community in which the participants could relate to each other exclusively by means of the materials extracted from their dreams.
After a period of time during which both groups shared theirs dreams, I started a series of meetings with all the participants. For these meetings, I produced masks. In the first meeting, each participant got a mask, which became from that moment on her or his intermediate face.
The practices were based in the remembering and collective sharing of the dream experience – as a script produced every night by all the participants. These scripts were used as material through which I was looking for an intermediate state, between sleeping and being awake.
The instructions to make the practices were oriented by the following questions: how we talk in this intermediate state, how we walk, how we interact with the space, with the others, with the objects? I was also interested in using mechanisms extracted from the act of dreaming, such as for example the blurring of the difference between me and the others, either subjects or objects, the suspension of the strict distinction between past, present and future; the rearrangements of the spatial relations; the possibility of establishing discontinuous trajectories between heterogeneous situations, etc.

I was also interested in exploring how this production of intermediate state takes place in correspondence with a new relation with language. I am particularly interested in the capacity of language to induce subjective affects, for example by producing sequences of sounds, by stuttering, by the use of glossolalia, etc. This means that I am interested in using the human voice in a register that is independent from the functional tasks of communication and meaning. I conceive the voice as an entity that acts inside the body, rather than an entity that represents the subject.

Through this intermediate state I am interested in creating a singular atmosphere that could produce different intensities of existence, as if changing our state we could transform the density of the air, the quality of the time, the weight of the things.

I think this work also as if we could expand the moment in which we wake up, and make it last longer. As if we could live within this intermediate zone.

Florencia Rodriguez Giles

5.24 アーと@ー 鹿沼 興文堂
5.25 椎名町サロン

カプセルの共同浴の先客は目を合わすことなく出て行きたり

5.26 阿佐ヶ谷 harnes

5月27日
あの頃は金があったらしく

5月28日
夢の中のような
鳥喜魚躍

5月29日
つまり、諸個人が依存関係でつながりあっているにもかかわらず、お互いパラバラになって示し合わせがつかないことが、疎外が起こる原因だということになります。(松尾匡)

今週末の アートで田んぼ の日は予報では雨なので参加者は長靴で来てくださいということでロスキルデみたいになりそうですね。駄目だったら脱穀場でやるそうです。前日から泊まれます。マヘルは今のところ7人、東京からは大谷だけ。やるのはエチオピアとか大味なロックです。

5月30日

いい人は死んでまだ生きているカスは一段昇ったふりをして

映画『山谷(やま)―やられたらやりかえせ』 新井輝久

でもこれは本当の地震です深いから
うその地震で死ぬよりいいでしょ
人に殺されるよりいいでしょ
自分に殺されるよりいいでしょ
本当の地震は本当はいちばんこわい
でも本当の地震で死ねなかったことはそれよりももっとこわい

5.31 mshb アートで田んぼ 香川県三豊市

「完全な愛」の不完全さが、不完全な愛の完全さへと
不完全な「愛の完全さ」が完全な「愛の不完全さ」へと
高速を追い抜いていく完全な愛はどちらの完全なのか
県境を越えて香川に入りしかばオリーブの木の看板薄し

「奥の部屋」から”that’s all I know”派を断罪するmission
「表現」は存在しない。
「俺が知っているのはこれだけだ」というのは一見誠実に見えるけれども表現ではなく芸であって、そう考えている自分を眺める外からの視点が導入されていない限りロック史からは外れる。すべてを知っているのは無意識だけである。バクーニンの文体はそれを意識しているように思われる。