tori kudo

Back to the list

20183.9.17

カール・サダキチ・ハートマン(Carl Sadakichi Hartmann、1867年11月8日 – 1944年11月22日)は長崎出身のアメリカ合衆国の美術家、批評家、詩人。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%80%E3%82%AD%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3

Drifting Flowers of the Sea
Sadakichi Hartmann

Across the dunes, in the waning light,
The rising moon pours her amber rays,
Through the slumbrous air of the dim, brown night
The pungent smell of the seaweed strays—
From vast and trackless spaces
Where wind and water meet,
White flowers, that rise from the sleepless deep,
Come drifting to my feet.
They flutter the shore in a drowsy tune,
Unfurl their bloom to the lightlorn sky,
Allow a caress to the rising moon,
Then fall to slumber, and fade, and die.

White flowers, a-bloom on the vagrant deep,
Like dreams of love, rising out of sleep,
You are the songs, I dreamt but never sung,
Pale hopes my thoughts alone have known,
Vain words ne’er uttered, though on the tongue,
That winds to the sibilant seas have blown.
In you, I see the everlasting drift of years
That will endure all sorrows, smiles and tears;
For when the bell of time will ring the doom
To all the follies of the human race,
You still will rise in fugitive bloom
And garland the shores of ruined space.

海に漂う花

砂丘を過り、弱いひかりの中、
 昇る月はその琥珀色の光線を注ぐ、
 昏い、茶色の夜の荒んだ大気を通して
 はぐれた海藻の刺激臭ー
  広大でト無軌道な場所から来る
   風と水が出会う辺りの、
    しろい花々、不眠の深みから上り、
     私の足に漂ってくる
  それらは眠気を誘う音調で海岸をひらひら飛び
   その開花をひかる空に広げ
    昇る月に愛撫を許し、
     それから眠りに落ち、そして色褪せ、そして死ぬ。

白い花々、さまよう深みに咲く、
 愛の夢のように、夢から昇る、
 あなたは歌、私は夢見るが決して歌われない、
 わたしの思念だけが知ったはかない希望、
 決して口にされない空っぽの言葉、舌の上にはあっても、
 その風は義歯の海に吹いた。
  あなたの中に、私は年月の永遠に続く漂流を見る
   すべての悲しみ、微笑みと涙を耐えるであろう;
    時の鐘が運命を鳴らす時のために
     人類のすべての愚か者たちに、
      あなたは未だ人外に咲く
       そして荒れた場所の岸辺を飾る。