tori kudo

Back to the list

浜風文庫 2020年1月

1/9

 

酢waters

きみの夫は
だめだったのだ
そのまま押し上げられた高みには
きみの夫が単独でとどまることができるほどのデポジットがなかった
きみの夫は下層であった

死にたいなあ
どうしたら死にたいだろうか【文字起こしママ】

悪の中に階層をもとめ
しんみりと浸っているきみの夫は
太陽もアレゴリーにすぎなかったことを知り
桟敷の筵に坐る
活字になりたがる宮殿は
大気圏外から見える平屋で
門に錠前はない
浩宮はタメどころではなく年下で
立ち直るのは難しい
刷り間違えたラベルの
SP盤は回り
きみの夫は山を穿って住みたい
定期券の薄さで
巨大な壺が燃えている
酢watersでは
Aの台形の中を
字たちが這い登ってゆく
睫毛たちは縦横の線を作り出しながら屡叩かせる
きみの夫はもうすぐいなくなる
門の外から覗く参賀の
百合のラッパの技術が
捌く群青
暗い廊下を渡り
最初に露天にやって来たのは
ゲイのカップルだった
二番目に入って来たのは
三人の孫と祖父だった
暗いホテルの
しょうたいに応じる
時間給でしかない正体
暗い切り通しを超え
町に還れば
植えた植えないで
恥は巡り
ぎしぎしとした暗さの中で
酢watersは飲まれ
それでもあたふたしないきみの夫は
最初の合意に拠るねたみさえ理解する
死も墓も投げ込まれる池は何も出さない
粟色したjedismはとうに褪せ
きみの夫にはフォースがない

 

 

 

1/13 

森で眠るようになる

 

 

森で眠るようになる
栞紐が二つも付いている
小さな手帳なのに
足の裏が蛇の頭に触れる
ゴモラに行って確かめます
山はよく見た
いや見てない
見足りない?
いや見た
目出度い額
産まれた時兄たちは
死にたい
うつな描画のように
億年は矛盾しないもんだいだということですね
ハコフグ森進一
動物の世話に何故失敗するか
きみの生態を解明できない
動物を見せた理由は
欠落を知るためだったが
知りすぎた挙句に
この欠落だ
少年は髪型を少年にして
声を少年にした
空間の上の水を飲んだら
それが喫茶だった
種があるから果物なので
肉だからではない
小さい方には夜を見守らせた
それは良かった
万事快調
I saw that it was good.
belly vest of navel
アダムの臍
信頼できるのは病気だけだ
乾いた石が転がされ
persist 根深いものがある
participants were persistent
転がされていく謙遜さ
上ってゆく岩
きみは動物で
きみの動物は
語尾がにぃである
母音省略の動物性
空白空白空白0という訳ではない
私の前に連れて来られる
森の中で眠れるように
虹の怪獣が潜む区域
緑や臙脂の

胎芽から
胎児
タイガからタイジへの
財産の移行
道を歩くときも
寝るときも
十字に裂けて固まった表面
幼い時からドブ浚い
とげをおしこむ
どんなことでも乗り越えられる
風に
運ばれて
追い風
風のかわりに耳鳴りが来た
紅海のドルドラムを行く
額は広い
青と緑
いい風

切る
頭を切る
首から上を切る
舟はどこに向かっているか
森で眠るようになる
新しい世界
黄土色と黄緑
川床の工事
森で眠るようになる

 

1/20

自販機

あたらしい断念は
ふるい希望に基づいていたが
さらに真新しい今のこの
寝食忘れる犠牲の煙が
谷を覆う
肋骨型に剥ぎ取られてゆく
女性名詞の蓋然性
ニブフは女性を虐待した
路地出身という名目で
革を張った盾に油を塗って修理する
どんな希望があるか
もったいないという気持ちが元兇だった
しっかり汚染
裕福
満たすと露わになる山々のように
地球の欲で満たされた
果たせなくなる
経絡とは何の関係もないが
内側から見上げると
星座のようだ
自販機に矢が刺さっている

 

 

1/27

焼肉屋

 

異言語が鏡に映って一対の羽根になり
滅ぼすことにした、と読み取れたが
窓の位置が箱舟だったのか
同じ耳をした一対が入っていった
眼鏡を外すと
ルクレツィア・ボルジアだった
すべての顔は大雨に打たれる動物のようだったので
地下の湖に滑り込ませた
顎髭の似合う顔を探し当てたが
それは困っている人の顔だった
人に恋するのか動物に恋するのか
どちらかにしてくれと言われ続けたが
かえって詩をビニール袋に包んで隠しておいた
切られた空が明るくなりはじめ
持っていない資産まで取り上げられた
僕は自分がひとつの頭陀袋になったような気がした
仕合わせそうな客たちの中で僕は誰よりも食べるのが速かった
それは食事ではなくなにか別のものだった
動物を焼く前に
千円札をぽろぽろ使って
シャワーだけは仕切り直せる個室だったのに
いくら浴びてもストラングラーズのドラムのおじさんみたいな襤褸切れだった
僕は全ての服を裏返しに着た
せめて真っ新のゴミ袋くらいにはなりたかった
強い風が吹いて洪水後の地面は乾いていった
羽根が生えてしまうので紙を裏返しにすると
紙が盛り上がってきた
虫でさえ翅がありそれらは手ではない
やり方を間違うと死ぬことになる
両手一杯分の粉末をもって入っていった
さびしいから人を呼んで腎臓を一緒に食べたい
羽根の先と先の間の空間に煙は立ち込めるか
フューズ管を覗くように異言語が語る
あなたはどうしたいと思いますか
ホルモンはなかなか焦げないです
命は決して終わらない